サクッとありのままに書いてみる、うちのこと

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクッとありのままに書いてみる、うちのこと

統合失調症持ち福岡ママの、男の子育児と考えた事と時々ガンダム。

育児のイライラに、外出のススメ。

朝から眠い。とても眠い。

でも子供ははじけそうなほど元気で、目を離せないほど危なっかしくて、頼みの綱のテレビ子供番組タイムもそろそろ終わりそう……眠たい。

今朝の状況です。マルキョウです。

 

 

 

すいみん不足

すいみん不足

 

 

 

 

 

今までならここでぐだぐだして母に電話をしたり、友人にメールで愚痴ったり、けれども自分の苦しみは解決されないで、なんとなく寂しい、つらい、意味も分からずイライラ、息子ともろくに遊びもできず、なにも動かずじまいで一日が終わっていました。

 

でも最近気づいたんですよ。

うち、児童館にいくのがそれほど苦にならない地域なので、児童館に行ってきて、同じ子育てママとお話ししてくれば一番いいんだって。

だから今日も眠気をコーヒーでおして、児童館までいってきたんですよ。すっきりしました。

大体、おうちに二人っきりでいる時点で、「大人と話してなくってボケそう」だの、「

話の通じない子供とずっと遊ぶのきっつい、寂しい」だの、当たり前なんですよね。だっておうちに二人きりなんですから。

突然、息子が大人ばりに話せるようになるわけではなし。

突然、近所の誰かが遊びに来てくれるわけでもなし(福岡生まれですが、今住んでいる場所は地元ではないので近所になじみの友達はいません)。

奇跡的にじいじばあばが車で来てくれるときもあるっちゃあありますが、それも用事を済ませるためだけだったりするので、毎日というわけにはいかない。

 

家に閉じこもったまま、人に会えなくて寂しい、なんて当たり前ですよね。

SNS今はやってませんけど、私はSNSのつながりで寂しさが満たされる人間ではありません。ほかに一番手っ取り早いのは電話ですが、それだって相手の都合もあるし、毎日同じ人に違う用事があるわけでもない。

外にでて人と会うしかないんですよ。

体調不良とか天候が悪いとかいろいろ状況もありますが、それさえなければ、寂しさには外出が一番の解決法なのでないかな、と思います。

 

なんてこといっても、産後すぐにはとても外出できませんでしたし、真夏なんかも閉じこもってましたけどね(;´・ω・)子供小さいうちは何かと心配だったので、密室育児なってましたねーいやもうこればっかりは仕方ない。

 

人と会えなくっても、外にでてると声かけることが自然と増える(青になったら渡ろうねー、寒いねー、あ、ぶっぶーだよー、とか)ので、声を出す機会が増えたことで脳が会話したと錯覚するのか、少し寂しさが消える気がします。

児童館にも何回か通うようになると、いつも見るママさんがいたりして、ご挨拶できるようになったり、たまに愚痴を聞けるようになったりして、子供もいろいろなんよねーとしみじみわかるようになります。活発すぎて困ることもあったり、小食すぎて困ることもあったり……わが子とは違う悩みがいろいろあって、ちょっと気が楽になります。まだまだママ友とまではいきませんが、顔見知りは増えました。

児童館のスタッフさんからも名前を覚えてもらえるのが地味にうれしい。小さいうちから見てもらってるので、息子ができたことがあったらすかさずほめてもらえます。それをきいて、「ああそうか、昔はこんなこともまだまだできなかったんだよなあ……」と学ぶことも多いです。

 

メール、SNS、電話。頼るべきときに頼るのは大事なこと。

でも実際に人にあって、生の声をきいてくるのも大事なこと。お話しできなくっても、よその子を見る機会を作っておくの、大事だと思いました。

そんな二歳児育児の記録でした。

 

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー