サクッとありのままに書いてみる、うちのこと

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクッとありのままに書いてみる、うちのこと

統合失調症持ち福岡ママの、男の子育児と考えた事と時々ガンダム。

デートってどこからデートなんだ?ってことを考えながら歩いた。

今日天神(福岡市)いってきたんですよ、マルキョウです。

子供は夫に預けてちょっと所用を済ませに。久々に若者の空気を吸ってきました。日曜日だったので待ち合わせと思しき、おしゃれさんがいると、おおデートか?なんて思いつつ、一人で歩いてました。

懐かしいなー自分もかつてはこんな風におしゃれして待ち合わせなんかして……

って考えて気づいた。どの辺からがデートなんだっけ?

 

相手に好意があって待ち合わせて会えばデート……でいいのなら、完全にこちらの片思いの人と待ち合わせて会うのはデートなのか?

それともお互いそこそこの好意があって会うのがデート?

そのへん相手の好意ってどう確認するの?

待ち合わせて会う時点で憎からず思っているはずとか、そういうのはなしにしよう。そういう勘ぐりはいろいろあぶない。この現代、人がただプライベートで会うだけでデキているとか、時代錯誤も甚だしい。

まあ、待ち合わせて会う場所とか状況にもよるんだろうけどもさ。ああ、だから、このデートスポットなら好意ありだよ!とわかりやすくするために、いろんなデートスポットの情報がいっぱいあるわけね。

でもさー好きな子と二人でどうしても行きたい場所が大きい本やさんとか文具店とかだったらどうするの。服装とかで勝負すればいいの?何と勝負しているの?

この、恋愛関係にいたるまでの「察しろ」的な問題、今となっては面倒だなあと思います。相手のために金と時間をかけておく頭はあるのに、意思疎通はなぜかおろそかになってたりとか。その辺の駆け引きが楽しかったんかもしれんけど、もう面倒ですわ。創作の中でなら好きですけど。

 

突然男の子に誘われて、「どうしよう、……これってデートなのかな……?」って女の子がドキドキするシーン、よく少女漫画にありますけど、悩むのも無理はないと思う。

 

コンビニコピー機のところに忘れられた少女漫画の原稿にもそのセリフ書いてあった。

 

両方好意があってこそのデートって定義ならば、双方のその場での好意を確認する機会がないかぎり、デートであるかどうかを証明することはできないのだから。

たとえ二人がその後、カップルになったとしても、「デートなのかな?」って確認できなかった会合は、後日「ところで、あの日の誘いはデートのつもりだったのですか?」とでも聞かない限り、確認のしようがない。どうしようってその瞬間悩むだけ無駄なんですよ。

 

前BSでやってた番組で、夫と嫁、二人にしかわからない思い出をどこまで正確に覚えているか?クイズみたいなことをやっていて、その中の質問で、

「2人の初デートはどこにいきました?」

ってのを聞いてたんですよ。で、二人とも答えが違ったんですよね。

その辺を思い出して、こんなことぐるぐる考えていたわけです。

たとえば、最初に夫が誘った会合は、男にとって、ただの会合でしかなかった。けど、嫁のほうは好意があって、相手も好意をもってくれて誘ったのだろうと考えたから、その会合が初デートになった。

その後、何度か誘い誘われしているうちに男側に好意が芽生え、いざ!と誘って、その日が夫にとって初デートになった。

だから、二人の「初デート日」が食い違う、そんなこともあると思うんですよね。会合って書いてますけど、下手するとただ渡すものがあって呼び出してついでにお茶したとか、付き合いのイベントに同行した、とかそういうパターンもあると思うんですよ。

 

まあつづめると、私と夫の初デートってどれになるんだ?

ってことになるわけです。

パートナーがいる皆さん、2人の初デートって、どこだったっけ?ってのをちょっと聞いてみてください。自分の意見と食い違ってても怒らないあげてください。それたぶん、相手に好意をもったタイミングが違うからだと思います(忘れてるだけかもしれませんけど(;´・ω・))。

その辺を思い出しあうのも、また一興かもしれません。

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー